製品ラインナップ

01.jpg

Bio Pellet

バイオペレットは生分解性プラスチックを原料に作られた濾過材です。
生分解性プラスチックを一部のバクテリアが分解し、炭素源として利用し、水槽内の硝酸塩とリン酸塩を低下させる事が可能です。
ZESTバイオペレットは独自の配合で海水魚水槽で最もバランスよく機能 するように作られています。
これにより、魚のストレスや苔の原因、サンゴが溶けてしまったり、バクテリアによる感染症などのリスクを大幅に軽減できます。
ご使用には、ZESTマルチメディアリアクターと組み合わせてご使用ください。(ペレットが流動していることで効果を発揮します。)

メーカー小売希望価格  100ml ¥2,200 +税  500ml ¥7,000 +税

campaign_kage.png

バイオペレットを使用する場合は専用のリアクターに入れて使用します。
ZESTマルチメディアリアクターはコンパクトなボディでありながら大型水槽まで対応できます。
ZESTバイオペレットの使用時はリアクターの上下のスポンジを外してから必ず使用してください。
スポンジを外さず使用すると循環する水流が弱まり、ペレットがうまく動作しません。

LinkIconZESTマルチメディアリアクター専用サイト

02.JPG

  1. バイオペレットの使用前に、飼育水の硝酸塩濃度とリン酸塩濃度を測定してください。(リン酸塩濃度はサンゴ水槽の場合は特に重要です)
  2. 酸塩濃度が30ppmを超えている場合は、水替えなどで濃度を下げてから 使用する必要があります。
  3. バイオペレットは飼育水50L毎に25ml-100ml(飼育水の硝酸塩濃度より)を使用します。使用開始時は50L毎に25mlを推奨。
  4. BioPelletを使用前日に、プラスチック容器などに真水を汲みBioPelletを浸し、水分を浸み込ませてください。(水分が浸み込んでいないと、リアクター内で浮遊して出口に一時的に詰まる可能性があります。 )
  5. リアクターにセットします。効果は早い場合で数日で現れます。硝酸塩が下がらなくても最初は3週間ほど様子を見るとよいでしょう。それでも効果が無い場合は、BioPelletを増量 (全体量の20%程度)して、 1週間ほど様子を見てこれを繰り返してください。
  6. メディアはバクテリアの繁殖により小さくなっていきます。硝酸塩濃度を見ながら新しいメディアを足してください。

03.jpg

・ ZEST BioPellet は早く動いているより、ゆっくりとリアクター内を回転するほうが効果が高いことが報告されています。
・ 使用開始時の過剰なバクテリアが発生して飼育水が白濁する場合がありますので使用量を守ってください。
・ 硝酸塩が0でリン酸塩が下がりにくい場合はペレットを追加するのではなく、リン酸吸着剤などを併用してください。硝酸塩が無いとリン酸塩もそれ以上低下しにくい仕組みとなっています。